外見のあとは内面

実際肌がキレイになっても、内面が健康でないとすぐ病気で倒れちゃいます。過度なダイエットも過度な美容も体調には大きく影響してきます。何事も適度がいいって事ですね。

でも、中にはフランス人形みたいな白い肌になりたいっていうので注射を打ち続ける人がいるんだと聞きました。美を追求し始めると収めるさやがないんでしょうね。どこまでも追及して結局はボロボロになっちゃったら意味がない気がします。

美の追求にも二種類ありますね、健康でいることを意識した美容をすることととにかく美しくなりたい人。前者は健康的な美を追求するので年齢からくる老化に対して戦う姿勢が見られます。が、対照的に後者は理想のビジュアルを意識するあまり健康面はおろそかになりがちです。

どっちがいいとかどっちが悪いってわけじゃないですけど、バランスよくやることが一番かなって思います。ほどほどにっていってもそれができないからここまでの追求があるんでしょうけどね。

そんな中で私がこの間観てびっくりしたのは自分の血を100mlくらい抜いて、それをオゾンガスを溶解させて血液を活性化させたあと、すぐに点滴で体内に戻して体内の血液全てを活性化させる方法です。簡単に言えば血を抜いてキレイにして戻すってことです。

血液クレンジングっていうらしいんですけど、これによって体内の血全体をキレイにするんだそうです。肩こり、冷え性、むくむとかの女性が悩む項目すべてに効くらしくて体にいいんだそうです。